看護師の求人ランキング【東京版】日勤のみの企業ナース転職サイト

看護師 求人は多い?

不況期が続き一般の職業の求人数は落ち込みが続いている中、看護師の求人はどのようになっているのでしょうか?

 

求人の情報をしっかりと収集しておくことは転職や復職の際に役に立ちます。

 

そこで、以下では、近年の看護師 求人に関する情報について見ていきたいと思います。

 

 

・求人倍率

 

2012年の看護師の求人倍率は、看護師一人あたり3.17倍となっています。

 

全国平均は0.82倍であったことからすると、看護師の求人倍率は極めて高いことがわかり、

 

就職を希望すれば、高い確率で就職先を見つけることができると言えます。

 

 

・求職者の傾向

 

求職者の傾向としては、40代・50代の求職者が増加している一方で20代・30代と若い年代の

 

看護師への求職者が少なくなっていることが特徴です。

 

また、夜勤や勤務の大変さなどを考慮し、病院への就職を目指す人は減少傾向にあり、

 

事業所や介護施設等への就職希望者が増加している点も傾向としてみられます。

 

 

・雇用側の傾向

 

求職者の傾向とは、逆に雇用側の求人としては、病院が50%以上を占めるなど病院における

 

看護師不足が深刻化している傾向を見ることができます。

 

また、希望する雇用形態としては、常勤が63%と高くなっており、臨時雇用は5%と低いことから

 

長期間安定して働ける見込みのある人を求めていることがわかります。

 

看護師 転職 http://ameblo.jp/nireuss

短期の看護師 求人を見つける

看護師の仕事で長く働きたいけれど、事情があって働けない方もいます。

 

これから別の土地に引越しする予定があったり、妊娠する予定がある方ですと、長く仕事を続けていくことができません。

 

このように、働き方について条件があるという場合には、短期の仕事を紹介している看護師 求人サイトがお勧めになります。

 

 

 

一般的に看護師の仕事を見つけようと思っても、フルタイムで継続的なお仕事しか見つからなかったりしますね。

 

この場合、事情があって長く働くことができない方や、決められた時間しか働けない方は、仕事をすること自体諦めなければなりません。

 

ただし看護師 求人サイトでは、フルタイムの仕事以外にも、短期の仕事やアルバイト、パートのお仕事まで紹介されていますので、自分の都合の良い形で働くことができるのです。

 

 

 

また、短期やアルバイト、パートであったとしても、看護師求人サイトには豊富な求人が載っていますの、条件を譲歩したり、条件に合っていないものの我慢して働くという心配なく、希望に合った職場に応募することができますよ。

 

ただし、看護師求人サイトのすべてで短期やアルバイト、パートのお仕事を紹介しているわけではありませんので、事前にサイトの特徴もチェックしておくとよいです。

看護師 求人の見つけ方

 

看護師の方が転職したいと思ったとき、一体どうやって転職先を見つけるのがいいのでしょうか?

 

もちろん、友人や知人のコネを使って、転職先を見つけるというのも有効な方法です。

 

高齢化が進む日本社会では看護師は引く手あまたの職種ですから、転職先を見つけること自体は難しくはないでしょう。

 

 

 

しかし、せっかく転職するのですから、できるだけ条件の良い求人を見つけたいものです。

 

そんなときはネットの看護師求人サイトを活用するのがおすすめです。

 

看護師は転職が決まりやすい職種ですから、大手の企業もこぞって求人サイトの運営に乗り出しています。

 

求人サイトを使えば、勤務地、募集職種、雇用形態を選択し、様々な勤務先の求人を選び、応募することが可能です。

 

 

 

最近は、転職お祝い金を払ってくれる看護師の求人サイトも登場しています。

 

お祝い金というのは、サイトを使って、転職を決めたときにサイトから支払ってもらえるお金のことです。

 

10万円ぐらい払ってもらえることが多いです。

 

転職先が決まった上にお金までもらえるのですから使わない手はないでしょう。

 

 

 

看護師の求人サイトの数の多さ、そして、お祝い金システムなどを見ていると、本当に看護師というのは必要とされている職種なのだなと思います。

看護師の求人サイトにいくつか登録しました

 

子供が2人とも小学生になり、大分手がかからなくなってきたので、ぼちぼち本格的に就職活動を開始しようかと思っています。

 

まだフルタイムとはいかないかもしれませんが、これから掛かってくる子供の教育費を稼ぐために職場復帰を考えました。

 

 

 

結婚する前は数年間、看護師として働いていました。

 

そろそろ私なりに時期が来たのではないかと感じているので、まずは夫ともよく話し合いをして、子供を交えて家族会議をしたうえで看護師への復帰を決めました。

 

看護師は不規則な時もありますが、社会に出て働いてみたいという要求も高まっている時期なのでじっくりと勤務先を探してみようと思います。

 

数年間子どもの事に掛かりきりで、看護師としてはブランクが空いていて心配なのでその相談が出来て、スムーズに自分の抱いている働きたい職場の条件に合った病院の求人を探すことが出来る「看護師求人サイト」にいくつか登録してみました。

 

 

 

それらの看護師の求人サイトには、私のように子育てがひと段落して看護師に戻って働きたい人が沢山登録しているようです。

 

それまでのキャリアに合わせてコンサルタントが個別に相談にも乗ってくれるので、今はそこで自分に合った職場探しをしていこうかと思ってます。

 

看護師 求人を探し求めて一ヶ月

 

いざ就職しよう転職しようと思っても、看護師 求人はなかなか良いものが見つかりませんよね。

 

看護師でなくても普通の仕事でもそうですが、求人雑誌に載っているようなものの多くはかさ増しのもので、あまりこれといったものは無いのに数だけはあって探すのがとても面倒です。
ですが情報を集めないことにはいつまでたっても希望の就職先を見つけることができないので、仕方なしにも膨大な量の求人とにらめっこすることになります。

 

私も転職を決意してから、情報を集め始めて一ヶ月は面接にもいけませんでした。

 

履歴書ですら送ったのが一回で、それは書類選考の時点で落ちてしまいました。

 

さすがに一ヶ月も何の成果もないと落ち込んで、私はより転職活動に熱意を持って取り組むようになりました。

 

求人雑誌やフリーペーパーもまめに集めて、端からチェックしていきます。

 

 

 

そんなときにネットで検索することも思いついて、利用したのが転職サイトというものだったのですが、それにより私は文明の進化というものを深く学びましたね。

 

ネット上の情報というものはとても豊富で幅広くて、それでいてとても質のいいものを扱ってもいました。

 

ネット上に並んでいない求人情報の方が多いはずだと勝手に思い込んでいましたが、それは大きな間違いでした。

 

もっと早く利用していればもっと楽に転職活動ができたのかなと思いますが、結局は良い就職先をその後見つけることが出来たので、結果オーライですね。